マクロビオティックダイエット

今日はジムで時速7キロで40分走り、下半身強化を行いました。体重61.0㎏、体脂肪率18.2%でした。

マクロビオティックダイエットの方法

マクロビオティックとは、「マクロ」=大きさ、偉大さ、「ビオス」=生命、「ティック」=術の3つの言葉を複合させた言葉です。海外セレブの食事方法として、近年注目をあびていますが、日本で生まれた食べ方です。玄米を中心に自分の生活する環境で育った季節の野菜や海草などをバランスよく食べ、自然と調和した食事をとることで、食材の持つエネルギーをいただき、健康でよりよい人生を生きるという考えです。
なぜ効くの?
人も本来は自然の一部であり、その環境に適した食べ物と食べ方をしていれば調和がとれ、体も心も穏やかでいられるという自然の摂理を大切にした食べ方です。
栄養価に優れる玄米を中心に、旬の野菜や豆類、海草などの栄養価の高い食材を常食することで、体の代謝を助けます。体と腸に負担をかける動物性食品、不自然な加工をされた白砂糖、添加物などをなるべくとらないようにすることで、老廃物の体内における滞留時間を短くさせます。食材に感謝し、よく噛むことを推奨しています。阻却回数を増やすことにより、満腹感が得られますし、唾液中に含まれる消化酵素アミラーゼがデンプンを分解するため、ダイエット効果にもつながります。
手順
マクロビオティックの標準食は、玄米を中心とした全粒穀物を50~60%、季節の野菜を25~30%、豆、海草類を10~15%、スープを5~10%としています。また、食材を陰と陽に分けて分類します。

陰とは、ゆるめる力、拡散の力等を表し、陽とは、収縮の力、ひきしめる力を表します。各季節に応じて適する味、食材、調理方法がありますので、バランスをみて自分自身で調整していくとよいでしょう。物の見方として、何がよくて、何が悪い、といった見方ではなくて、「自分はどうなりたいか」といった視点から考え、食べ物、食べ方を決めていきます。ですので、必ず正しいといった食べ方はなく、基本を学んだ後は、自分自身の顔や体調から食べるものを選んでいきます。

「玄米だけたべていれば良い!」と、誤解される方もいますが、大切なのはバランスです。自分の体のバランス、環境とのバランス。まずは楽しく食べることを基本とし何を食べてはいけないということではなく、自分で体調に合わせて調整していけるようになることが、本当の意味でのマクロビオティックです。

ぽちっとお願いします

にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

FUKAちゃん

Author:FUKAちゃん
20kgのダイエットに成功したアラフィフサラリーマンです。ダイエット方法とマラソンのことを載せたいと思います。マラソンはサブ3.5達成できました。よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ヘルス・ダイエット
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ダイエット
11位
アクセスランキングを見る>>
リンク
フリーエリア
検索フォーム
リンク
楽天
リンクシェア
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセストレード
アフィリエイトはアクセストレード
自動車保険一括見積もり
リンク