ヨガダイエット

今日はジムで時速8キロで30分走り、上半身強化を行いました。体重58.1㎏、体脂肪率16.0%でした。

ヨガダイエットの方法

古代インド発祥の修行法でヨーガとも呼ばれています。修行法の中のアーサナ(姿勢)や、プラーナヤーマ(呼吸法)を特に重視しすることで太りにくい体質へと導いてくれます。
ヨガの動きは、普段では動かさない筋肉をあえて動かす姿勢を取ります。代謝の悪いところをたくさん使うことで代謝アップをはかり、呼吸を深めながら動き続けるヨガは効率的に脂肪を燃やし、身体を引き締めることができます。

現在は世界中で常に人気を得ている万能エクササイズ。「身体が硬いからヨガは…」と敬遠される方もいますが、実は逆。ストレッチ感覚でヨガを続けていくことで凝り固まった筋肉をほぐし、身体の柔軟性を高めていくことができます。
なぜ効くの?
呼吸と体を連動させながら動き続けるタイプのヨガについて言えることですが、これらのヨガは有酸素運動になっています。

有酸素運動とは、ウォーキングと同じように呼吸とともに身体を動かすことで、脂肪を燃やしながら運動することです。血液中には脂肪が流れていますが、その脂肪が体脂肪となる前に、酸素と結合して燃焼されることによって肥満が回避できます。また血中を流れる脂肪や、ついてしまった体脂肪を減らすには、有酸素運動で、ゆっくりと酸素を取り込むことでより多くの脂肪を燃やすことができます。

また、ハタヨガのポーズを効果的に組み合わせることで全身の筋肉や関節を伸ばし、整えます。ヨガは内臓のマッサージにもなるため、身体の内から健康になります。
手順
有酸素運動の代表としてランニングなどが挙げられますが、息がきれてしまうほどの運動はバテてしまい運動経験の少ない方にとって長時間の運動は難しいです。ヨガの場合は、同じ有酸素運動でもゆったりとしたペースで始めることが可能です。少しずつ始めて無理なく続けられる点がお勧めです。

最近は全国にヨガのスタジオがあるので、インストラクターの指示に従いながら始めてみましょう。もしくは、市販のDVDを活用しても良いでしょう。

ヨガを無理なく安全に続けるためには、決して無理しない。そして、頑張りすぎないことです。美しいポーズを取ることが目的ではなく、全身の筋肉を刺激することが目的です。勢いをつけて曲げ伸ばしをしたり、強い痛みを感じたりするようなポーズの取り方は避け、自分が痛気持ちいいと思うところでとめて、呼吸を続けてみましょう。続けていくことで徐々に身体は変化していきます。身体の変化を感じながら楽しんでみてください。アーサナ(姿勢)プラーナヤーマ(呼吸法)を特に重視したヨガの場合は空腹な状態でおこなうことがベストです。

食後のヨガも可能であれば2時間はあけた方がいいです。ヨガをおこなった後も内蔵が活発になり食べ物がすぐ吸収され、エネルギーが脂肪になりやすくなると言えわれています。

ぽちっとお願いします

にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ







スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

FUKAちゃん

Author:FUKAちゃん
20kgのダイエットに成功したアラフィフサラリーマンです。ダイエット方法とマラソンのことを載せたいと思います。マラソンはサブ3.5達成できました。よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ヘルス・ダイエット
90位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ダイエット
27位
アクセスランキングを見る>>
リンク
フリーエリア
検索フォーム
リンク
楽天
リンクシェア
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセストレード
アフィリエイトはアクセストレード
自動車保険一括見積もり
リンク